よく寄せられる質問

主な質問内容

  • ご存知のように、このメモリは弊社他メモリ製品ラインと比べて、シビアなタイミングで動作するように製造されています。 HyperXモジュールは、PC上級者の厳しい要求に応えるため、特別な設計および製造が施されています。 HyperXはユーザーに、高速動作、低レイテンシー、高データ帯域、そして低電力消費を提供いたします。 HyperXメモリの使用に際しては、BIOSが適切にメモリを認識するために手動でBIOSレベルで以下のタイミング値を設定していただかなくてはいけないことがあります。 しかしながらマザーボードに依存する部分があり、かならずしもこれが保証になるわけではありません。 このメモリは特定のシステムとの互換性を確認しておらず、弊社としてもお使いのコンピュータとの互換性を確認することはできません。

    タイミング値を設定する前に、他の障害の可能性を排除するためにBIOSをデフォルトの値に設定することをお勧めします。 適切にメモリを検出するのをBIOS側が邪魔している可能性があるので、タイミング値を設定したあとモジュールが正常に動作しない場合は、BIOSを最新にしてみることもお勧めします。 BIOSのダウンロードはお使いのマザーボードの製造元ウェブサイトから行えます。 取り付けたメモリの速度にマザーボードが対応しているか、プロセッサの説明書をご確認ください。

    メモリを正常にオーバークロックできない場合は、テクニカルサポート部門にお問い合わせください。ご使用のシステムに対応するメモリモジュールをお探しするお手伝いが可能です。また、次のサイトにアクセスしてメモリを検索することもできます:

    http://www.kingston.com/jp/memory/search/Options/

    FAQ: KTM-021011-HYX-01
  • タイミング 定義 略語 アクション
    10 CASレイテンシー CL 列をアクティブにして、データを列から読み出すまでの時間差
    11 RAS to CAS (行から列へ移行する時間差) trcd 列をアクティブにする。
    12 Row Precharge Delay (またはRAS Precharge Delay) trpまたはtRCP 列を非アクティブにする。

    CAS latency:
    CASレイテンシーは、メモリの列アクセス時間を現在のシステムクロックで割ったものです。 列アクセス時間は定数となるため、お分かりの通り、システムクロックが大きくなると、低CASレイテンシーを維持するのが困難になります (例 分母が大きくなっても、分子は同じ値を保たなくてはいけないため)。

    RAS-to-CAS:
    これは行アドレス信号および列アドレス信号間のレイテンシーにです。 基本的には、行メモリアドレスおよび列メモリアドレスへのアクセス間の遅延です。

    Row Precharge Delay:
    プリチャージコマンドおよびアクティブコマンドを発行する際にかかるクロックサイクル数です。 この間に、センスアンプがチャージを行い、バンクがアクティブになります。

    *上記参考例より、数字が小さいほどアクセスが速くなることがお分かりいただけると思います。

    FAQ: KTM-021011-HYX-09
  • HyperXメモリは、高い性能を必要とするアグレッシブな設定で作られています。すべてのシステムが、そのようなアグレッシブな設定で動作するわけではありません。

    HyperXモジュールが、マザーボード上のIntelまたはAMDのチップセットに対応しているかご確認ください。HyperX Webサイトの製品ページにもリストがございます。メモリにオーバークロックのためにXMPプロファイルを使用する場合は、BIOSのメモリ設定を自動に変更してください。

    デフォルトの設定でメモリが動作しない場合、弊社技術サポートまでお問い合わせください。

    FAQ: KTM-030615-HYX-10
  • XMPプロファイルを使用するHyperXメモリでは、デフォルト設定にJEDEC標準値が使用されています。一部のシステムは、JEDEC設定よりも速い速度では動作しません。すべてのお客様に最高の体験をお届けするために、KingstonはモジュールにJEDEC標準値を設定してます。お客様は、システムがサポートしていれば、XMPプロファイルを使用してオーバークロックを選択することができます。

    PnPモジュールによって、システムがオーバークロック設定で動作できない場合は、次に高速なタイミングプロファイルか、デフォルトのJEDEC標準タイミングのいずれかがシステムによって使用されます。

    FAQ: KTM-030615-HYX-03
  • 手動で速度、タイミング、電圧を適切に設定するか、マザーボードがサポートしている場合はXMPプロファイルの1つを使用する必要があります。システムによっては、HyperXモジュールで提供される低いレイテンシの設定では正常に動作できない場合があります。一部の診断プログラムには、モジュールのSPD(Serial Presence Detect:直列プレゼンス検出)のデフォルト設定を読み出すだけのものがあります。この場合、手動で変更した設定や、あなたが選択したXMPプロファイルは反映されません。

    適切な設定を行うには、ご使用のHyperXメモリ製品のスペックシートを参照してください。

    FAQ: KTM-030515-HYX-02
  • たいていのマザーボードは「Command Rate」を自動的に設定するようになっており、ユーザーが手動で設定することを許可していません。

    FAQ: KTM-021011-HYX-05
  • BIOSの中に、HyperXメモリ用レイテンシータイミングとしてキングストンが記載した以外のタイミングがある場合、デフォルト設定のままにしておいてください。

    FAQ: KTM-021011-HYX-06

詳しい質問内容

  • Windowsでは、[スタート]ボタンをクリックして[コントロールパネル]を開いてください。VistaおよびWindows7でクラシックビューを使用している場合は、[システム]を開いてください。こうすることで、搭載RAM容量を含む、コンピュータに関する基本的な情報が表示されます。

    MacOSでは、デスクトップ左上隅にあるAppleメニューから[このMacについて]を選択します。こうすることで、お使いのMacの合計メモリ容量 (内蔵メモリおよび搭載済みDIMMまたはSIMM)に関する情報が表示されます。

    Linuxでは、ターミナルウィンドウを開き、次のコマンドを入力してください。 cat /proc/meminfo

    これにより、合計RAM容量およびその他メモリ情報が表示されます。

    FAQ: KTM-012711-GEN-06
  • メモリを追加することは、必ずしもお使いのコンピュータの性能を向上させる訳ではありません。より多くのプログラムを実行できたり、より多くのメモリを要求するプログラムを実行できるようになります。これまでに搭載されていたメモリ容量が、コンピュータで使用するプログラムやプロセスに対して不十分な量に近かった場合においては、性能向上が見られる可能性があります。

    FAQ: KTM-012711-GEN-07
  • デスクトップコンピュータの場合、電源を落とし、ケーブルを抜き、筐体をあけてください。 注意: より容量の大きいメモリをスロット1に取り付け、次に容量の大きいメモリから、スロット2から順に取り付ける必要があります。 正しくスロットを認識するには、お使いのマザーボードのマニュアルを参照してください。

    図1で示されている通り、メモリモジュールを取り外してください。タブ (1) を外側に押すと、モジュールがゆっくりとスロットから飛び出します (2)。 スロットから完全に取り外してください。

    新しいメモリモジュールを取り付けるには、図2を参照してください。 メモリソケットの両端にあるタブ (1) を外側に押し、メモリソケット (2)のキーとメモリの切り込みを合わせてからメモリをしっかりとソケットに押し込んでください。留め具がメモリを正しい位置に固定します (3)。 メモリが正しく取り付けられたのに、まだ検出されず、間違いなく正しい種類のメモリを使用しているのであれば、コンピュータ製造元のウェブサイトより最新のBIOSを入手しているかどうかお確かめください。

    ノートPCの場合、メモリをノートPCに対して取り付ける前に、電源を落とし、バッテリーおよび電源コードを取り外す必要があります。 メモリをしっかりとソケットに押し、確実に接触させてください (メモリをしっかりと押すのは重要です) 。その後、正しい場所に固定されるよう押し込んでください (下記の図を参照) 。 メモリが取り付けられたら、バッテリーを本体に取り付け、バッテリーだけでなく電源コードを使用して電源を供給してください。 メモリが正しく取り付けられたのに、まだ検出されず、間違いなく正しい種類のメモリを使用しているのであれば、コンピュータ製造元のウェブサイトより最新のBIOSを入手しているかどうかお確かめください。

    BIOS - Basic Input/Output System(基本入出力システム) はコンピュータのマザーボードにインストールされています。 最も基本的なオペレーションを制御し、コンピュータを起動しハードウェアを初期化する役目を負っています。 データは通常ROMチップに保存されており、BIOSを「フラッシュ」という動作で更新することができます。 BIOSを更新することでエラーが修正されたり、新しいCPUやメモリなどを含む新しいハードウェアに対応したりします。一般的にBIOSの更新はコンピュータ製造元のウェブサイトより入手可能です。

    *注記: キングストンはBIOSをフラッシュしたことにより発生するいかなる問題の責任も負いません。 BIOSのフラッシュは、トラブルシューティングとしての提案にすぎません。 BIOSのフラッシュを行われるお客様は、ご自身の責任において行ってください。 BIOSの更新方法に関する詳細は、コンピュータ製造元またはサードパーティのBIOS製造元により提供されております。キングストンでは対応しかねます。

    FAQ: KTM-012711-GEN-18
  • まず最初に、お使いのノートPCに対応したメモリかどうかお確かめください。次のリンクから、キングストンのオンライン メモリ検索を参照してください。 www.kingston.com. 対応するメモリだと確認できた後、以下の手順をお試しください。

    1. メモリを取り付ける前に、まずはノートPCの電源を落としてバッテリーを取り外し、電源ケーブルを抜いてください。メモリをしっかりとソケットに取り付けてから、メモリを押し込み正しい位置に固定してください。バッテリーを取り付け、電源コードを差し込んでから、システムを起動してください。まだうまくいかない場合は、他のメモリスロットがある場合には、違う場所に差し込んでみてください。
    2. 推奨メモリを適切に取り付けたにも関わらず、まだPCが起動しない、もしくはメモリが認識されない場合は、コンピュータ製造元のウェブサイトより最新のBIOSをダウンロードしていただく必要があるかもしれません。

    注: キングストンはBIOSをフラッシュしたことにより発生するいかなる問題の責任も負いません。BIOSのフラッシュは、トラブルシューティングとしての提案にすぎません。BIOSのフラッシュを行われるお客様は、ご自身の責任において行ってください。BIOSの更新方法に関する詳細は、コンピュータ製造元またはサードパーティのBIOS製造元により提供されております。キングストンでは対応しかねます。

    FAQ: KTM-012711-GEN-12
  • まず最初に、お使いのコンピュータCに対応したメモリかどうかご確認ください。次のリンクから、キングストンのオンライン メモリ検索を参照してください。 www.kingston.com.対応するメモリだと確認できた後、以下の手順をお試しください。
    1. コンピュータの電源を落とし、電源コードを抜いてください。
    2. 最も容量の大きいメモリモジュールを第1ソケットに差し込み、次に大きな容量から順にソケットに差し直してください。
    3. すべてのケーブルが正しく接続されたことをご確認ください。マザーボードに接続する必要のある電源コネクターの接続に失敗したり、誤ってハードドライブへのケーブルを外してしまっているかもしれません。
    4. 推奨メモリを適切に取り付けたにも関わらず、まだPCが起動しない、もしくはメモリが認識されない場合は、コンピュータ製造元のウェブサイトより最新のBIOSをダウンロードしていただく必要があるかもしれません。
    注: キングストンはBIOSをフラッシュしたことにより発生するいかなる問題の責任も負いません。BIOSのフラッシュは、トラブルシューティングとしての提案にすぎません。BIOSのフラッシュを行われるお客様は、ご自身の責任において行ってください。BIOSの更新方法に関する詳細は、コンピュータ製造元またはサードパーティのBIOS製造元により提供されております。キングストンでは対応しかねます。

    FAQ: KTM-012711-GEN-13
  • はい。たいていの場合、コンピュータが低速なモジュールしか対応していない場合、メモリタイプ (DDR、DDR2など)が正しい限り、速度を落として動作させます。ですが、速度を落とすという機能はコンピュータに依存し、どんな場合でも動作することは保証しかねます。

    FAQ: KTM-021011-GEN-16
  • キットとして販売されている製品 (製品番号に「K2」または「K3」と記載されています。例 – KVR400X64C3AK2/2G) は、デュアルまたはトリプルチャンネルのマザーボードで使用するために特別にパッケージングされています。 デュアルおよびトリプルチャンネル技術はマザーボード固有(チップセット内)の機能ですが、デュアルまたはトリプルチャンネル モードが適切に動作するためには、メモリモジュールはペアまたは3枚1組として取り付ける必要があります。 キットにパッケージされている同一モジュールならば、マザーボードがすべてのメモリモジュールに対してより広い帯域幅で単一のメモリとしてアクセスするため、最も効果的に動作します。 キングストンは、デュアルまたはトリプルチャンネル対応マザーボードに対しては、キットで販売されているモジュールの使用を推奨いたします。

    FAQ: KTM-020911-GEN-19
  • 多くの場合、BIOS や診断プログラムはメモリバスの周波数を報告してきますが、これは DDR タイプのメモリの場合、半分の周波数になります。その名前が示すように、ダブル・データ・レートすなわち DDR のデータレートは、メモリバスの周波数の 2 倍になります。そのため、メモリバスの速度が 800MHz で、あなたが DDR3-1600 メモリを使用している場合、RAM は正しい速度で実行されています。

    FAQ: KTM-071015-GEN-20
    • ElectroStatic Discharge, ESD is simply the discharge of built up static electricity.ESD should not be taken lightly as this is one of the few things an individual can do to damage or destroy their computer or hardware components.It is like when you rub your feet on the carpet and you touch something metal.ESD can occur without the user feeling a shock and will occur when only working on the inside of the computer or handling hardware.
    • How to help prevent ESD
    • The best method of preventing ESD is to use an ESD wrist strap or a grounding mat or table.However, because most users do not have access to these items, we have included the below steps to help reduce the chance of ESD as much as possible.          
    • Standing – We recommend that you are standing at all times when working on the computer. Setting on a chair can generate more electrostatic.
    • Cords - Make sure everything is removed from the back of the computer (power cord, mouse, keyboard, etc).
    • Clothes - Make sure not to wear any clothing that conducts a lot of Electrical Charge, such as a wool sweater.
    • Accessories - To help reduce ESD and help prevent other problem, it is also a good idea to remove all jewelry.
    • Weather - Electrical storms can increase the ESD risk; unless absolutely necessary, try not to work on a computer during an electrical storm.In very dry areas, the air itself becomes a part of the electrostatic build-up mechanism every time there is an air flow (wind, air conditioning, blower) passing over an insulated surface.Do not let high humidity levels build a false confidence, and beware of corrosion problems with interconnects and other electrical interfaces.



    To learn more about ESD and how to protect your electronics, please refer to the below site.

    ESD Association
    https://www.esda.org/about-esd/ FAQ: ESD-SSD-001